head2010_001.jpg

2006年10月18日

INRI ~Jesus~

newdesign.jpg
ペンダント\39900(税込)
 イエスキリストの題材をテーマにして、ペンダントをデザインしました。正直なところかなり難しい題材でしたが、この度、完成させることが出来ました。
 まず、今回は木を使ったことでかなりインパクトのあるデザインに仕上がったと思います。かなり以前から構想はあったのですが、やっと実現できました。木とシルバーをどう組み合わせるか?それが今回の課題でもありました。当初は木を使用せずにシルバーのみでの製作も考えましたが、やはり木を使用したかったので、いろいろ考えました。木とシルバーの接合部分をどうするか。接着だけではどうしても弱いし、かといって木を使う以上、組み合わせる工程、またその後の工程では、火を当てることも出来ない。そこで、裏面にもシルバーの板材を当てて、シルバーで木を挟み込み、カシめて固定することにしました。そうすることで裏面にもメッセージを入れることも出来たので、より完成度の高いものとなりました。

 アメジストはキリスト(jesusジーザス)としてクロスの中央に配置し、ガーネットはその少し下にキリストに寄り添うようにマグダラのマリアとして配置しました。マグダラのマリアの逸話はいろいろとありますが、その存在によってキリストを「神の子キリスト」ではなく「人間としてのキリスト」として再認識させられます。

 使用したデザインチェーンには王冠、ユリを連ね、14個のパール(オニキス)を施しましたが、これはイエスと十二使徒(バルトロメオ、大ヤコブ、アンデレ、ユダ、ペトロ、ヨハネ、トマス、小ヤコブ、ピリポ、マタイ、タダイ、シモン)、それにマグダラのマリアを足した数に同じです。

 木の部分はローズウッドを使用しました。ギターを弾く人はご存知かも知れませんが、ギターの指板にはこのローズウッドがよく使われます。これは「木目の美しさ」と、指先に「馴染む感触」が適切だからです。これらの要素を今回は取り入れてみました。

 アメジスト語源はギリシャ神話に登場するアメジストと言う名の少女から由来されていると言います。アメジストの紫色は最も高貴な色とされ、キリスト教徒にも好まれました。
 ガーネット語源はラテン語の「柘榴の実」である。また、宝飾品として用いられた世界最古の宝石の一つである。

INRI~Jesus~forblog.jpg

上の図はクロスのデザインにイエス、十二使徒、マグダラのマリアの名前を配置したものです。中央のアメジストの位置にイエス、下のガーネットの位置にマグダラのマリア、イエスの両隣には一番の側近ヨハネと裏切り者のユダが配置されています。

磔刑図で描かれる「INRI」とは、十字架の上に掛けられた罪状書き「Iesvs Nasarenvs Rex Iudeaorvm(ナザレのイエス、ユダヤの王)」の頭文字を取ったもので、『ヨハネ』によるとヘブライ語、ラテン語、ギリシア語で書いてあったとされる(尚、ラテン語では「I」と「J」、「V」と「U」の区別がなかった)。『マタイ』では「これはユダヤ人の王イエスである」、『マルコ』では「ユダヤ人の王」、『ルカ』では「これはユダヤ人の王」と書いてあったとされる。

SEANSTREET designer 西 衛


posted by マモる at 18:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お待ちしてました。
新作発表!おめでとう!
アクセは普通店頭でみて デザインが気に入れば購入が普通だけど ここではそれだけじゃなく デザインの過程までわかるのが私としては興味深い。
でも この写真じゃわかりづらいのでやはり実物みにいかなくちゃね〜

Posted by ふぅ at 2006年10月20日 12:07
ありがとうございます^^
製作する過程での思いとかデザインの意味とか、そういうことをなんとか伝えたくて、、、、
このblogで少しでも伝えられたら、、、
と思ってます。
確かにこの写真ぢゃ分かりづらいかも、、、^^;
もう直営店には置いてあると思いますので機会があれば是非見に来てください。^^
http://www.lenon.jp/00shoplist.html
Posted by mamoru at 2006年10月20日 22:55
こんばんは
写真だけ見たときにピン!ときました
イエスとマグダラのマリアの関係・・・
人間として再認識というか
イエスも唯の人で安心したというか
映画のラストシーンが目に浮かびます
Posted by sexykitty at 2006年10月21日 21:16
「このローズウッドがよく使われます。これは「木目の美しさ」と、指先に「馴染む感触」が適切だからです。」

イエスの十字架もこれと同じものを使えば少しは苦しみも軽減できたかも、、???やっぱし無理?笑

パッションの映画、もう一度観たくなってきました。

Posted by mamoru at 2006年10月22日 13:03
この新作の画像を見て、すっごく欲しくなって千葉県習志野にある津田沼丸井店で購入してきました。

ホントは一緒に着いているチェーンも・・・と思ったのですが、予算的に無理があったので似合うチェーンを店長さんと選び購入しました。

これ、とっても素敵ですね。
デザインなどもとても好きですけど、由来を読むととても素敵なものだと感じました。
これからも大事に大事につけさせていただきますm(_ _)m
Posted by ゆっこ at 2006年10月25日 15:42
ありがとうございます!!
温かいお言葉が胸に沁みます。
そうおっしゃって頂けると「作ってよかったぁ」と心から嬉しくなります。
大事にしてくださいね!^^
Posted by mamoru at 2006年10月28日 15:10
大事にしちゃいます(v^▽')
毎日のようにつけてますよ。
私の右腕にはバングルとブレス、左指には指輪2本、首にはネック2本、耳にはピアスとすべてショーンでコーディネートしてます。

これからも素敵な作品期待していますね♪
Posted by ゆっこ at 2006年10月28日 15:33
凄い!!
それだけSEANSTREETでそろえて頂けるとは、嬉しい限りでございます。
これからも頑張りますのでご声援の程宜しくお願いします!!^^
Posted by mamoru at 2006年10月31日 17:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
head6-blog.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。