head2010_001.jpg

2006年11月11日

例えば

例えば
自殺志願者が目の前にいて
自らの死を宣告されたら
僕はどうするだろう

僕には大切な人がたくさんいます
僕のことを大切に想ってくれる人もきっとたくさんいます

僕のことを大切に想ってくれる人はどれだけいるか分かりません
僕が大切だと想う人の数より僕のことを大切に想ってくれる人の数の方が少ないかもしれません
けれどそのことを寂しいとは思いません

「僕が誰かを大切に想うこと」

そのことに確信があるから
僕のことを大切に想ってくれる人の数が少なくても寂しくありません

もし僕のことを大切に想ってくれる人の数がゼロだったら
もしかしたら寂しくなるかもしれません

でも「僕が誰かを大切に想うこと」があれば
それさえあれば頑張れます

だからそれだけは
「僕が誰かを大切に想うこと」だけは
大切にしようと思います

もしかしたら
「僕が誰かを大切に想うこと」
を僕が失ってしまったら
それが絶望ということなのでしょうか
だったら絶望は僕には凄く怖く思います

僕は一生、自殺志願者にはならないと思います
だから自殺志願者の本当の気持ちは一生分からないかもしれません

自殺志願者が目の前にいて
自らの死を宣告されたら

僕はどうすればいいのだろう
気持ちの分からない相手を目の前にして
僕は何を言えばいいのだろう

だから僕は僕の大切な人が絶望しないように観ていようと思います
月のようにやさしくそっと観ていようと思います


西 衛


posted by マモる at 08:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またやられました。
涙腺。
”大切なもの”に続き衛君には
私の心に響く何かがあります。
私もこんな気持ちで大切な人を
見守っていきたいとおもいます。
Posted by ふぅ at 2006年11月13日 01:35
きっと
みんなでそういう気持ちを持てたら
イジメで自殺する人とか
いなくなるんぢゃないでしょうか
そう思います
Posted by mamoru at 2006年11月13日 10:42
とても素敵な言葉ですね。
涙が出てきそうでした。
誰が自分を大切にしてくれているかでなく
自分が大切にしている誰か・・・

私も大切な人を見守っていきます。
Posted by ゆっこ at 2006年11月15日 15:38
ゆっこさん、ありがとうございます。
僕は偉そうなことは言えませんが
大切な人のこと見守ってあげてくださいね。^^


Posted by mamoru at 2006年11月16日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
head6-blog.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。