head2010_001.jpg

2005年10月17日

ガウディ!!(スペインレポート)

ついにガウディ!!
まずは「カザ・カルベット」
gaidi1.jpg
、、、のドアノブ。(^^;)
かっこいかったので撮りました。生きてます!
この建物は現在、レストランとして営業してるようです。行ったときは午前中で閉まってたのですが、周りにはほとんど誰も居ず、ちょっとビックリしました。

で、「カザ・バトリョ」
gaudi2.jpg
この建物はもともとあった邸宅を改築したものらしいです。当時のバルセロナの人々からは「骨の家」「あくびの家」などと呼ばれたそうです。やはり当時にしてはかなり斬新なデザインだったのでしょう。(今見ても斬新ですけどね^^)

次、「カザ・ミラ」
gaudi3.jpg
ここは人がいっぱい!!ガウディ建築ではサグラダファミリアについで人気のある建築物。最上階はガウディの資料館にもなっていて、ガウディを堪能するにはもってこい!!
じつはアパートメントで実際に人が住んでるとか住んでないとか、、、住んでます。ハイ(^^)
ガウディお得意の曲線を生かしたオーガニックなデザインは実際に自然生物の形態学から取り入れてるとか、、、何事もお勉強ですなふらふら
オーガニックといえば、SEAN STREETの「organic arrow」もオーガニックデザインをアクセサリーに取り入れたガウディも顔負けの作品です!!→http://www.lenon.jp/ss_organicarrow.html

はい次、「グエル公園」
gaudi4.jpg
、、、のトカゲちゃん。
よだれを垂らしてます。笑
このトカゲ、やっぱし人気者で写真撮るのに並んでおりました。
全身にタイルが貼られて面白いけど、これ実は偶然の産物らしい。
っていうのはこのトカゲに限らず、ガウディの建築には曲線が多用されているため表面仕上げをどうするかで悩んだらしいのやが、困ったガウディは試しにタイルを粉々にして曲面に貼り付けたところ「これオモロイやん。イケるんちゃうん!?^^」と思ったらしく。ガウディの建築物にはよく使われています。

、、、そして、
「サグラダ・ファミリア」!!
gaudi5.jpg
圧巻!!凄いですね。
これがまだ建築途中だというのですから、完成はどんな凄い事になるのか!!
完成予想図を見ても呆気にとられるばかりで、、、、
ただ残念なことに螺旋階段を上ってかなり上の方まで上れるのですが「落書き」にビックリ!!がく〜(落胆した顔)
落書きだらけ。世界遺産に落書きをしてもいいのだろうか??
なにか取り締まる方法はないのか!!
中にはかなり昔の落書きらしく、マジックなどもなかった時代なのだろうか金属か何かで深く掘り込んだものも、、、そこまでして落書きたいか!!!!!!

それはそうとして、螺旋階段を上るにつれて、段々と高くなり(当たり前だが)、小窓からは下に広がるバルセロナの町並みが見えて、怖い。怖い。怖い。
周りを見ても怖がってる人はほとんど居なかったのですが(ちょこっと怖がってる女の子の居ました)、僕には怖くて膝が笑ってましたね。は、は、はははは。苦笑
gaudi6.jpg
gaudi7.jpg
生誕のファサードはキリストの生誕を描いたものでガウディの生きてるうちはここまでしかできてなかったらしい。
それにしてもすばらしい!!。

ガウディは若いうちはジェントルマンで見た目も紳士らしく着飾っていたらしいが、年齢を重ねる毎に哲学的な思想に深く入り込み、ルックスなどには全然興味がなくなって乞食同然の格好をしていたとか、、、
そのため、死んだときも乞食が野垂れ死にしてると思われて、病院に運ばれた時には既に遅かったとか、、、

サグラダ・ファミリア、もし僕の生きてるうちに完成することがあればもう一度見に行ってみたいものだ!!

ショーンストリート 西マモル
posted by 西 衛 at 00:35| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして、ペンネーム moharizaと申します。

最新のガウディについて、知りたければ、私のブログ
moharizaメモ http://mohariza06.exblog.jp/
に来られるか、
(但し、ガウディだけを記してないことをお断りしておきます。)

http://www.gaudiclub.org/を開き、liksを開き、バルセロナの田中裕也氏の
「田中裕也のバルセロナ日記」、「ガウディ研究:田中裕也のバルセロナ便り」等を見られることをお薦めします。

ガウディについての、現在進行の研究及び思考に出会えると思います。

「ガウディ研究:田中裕也のバルセロナ便り」の第六十二回を読まれると、カサ・ミラについて、及びよく言われて、ガウディについて誤解されている<「設計図」というものをガウディは書いていないのだ!は、間違い」なのが、分かり、ガウディは設計図は画いてはいるが、それよりも、模型及び現場監理を重視して建物を創っていたことが分かると思います。
Posted by mohariza at 2007年01月28日 17:52
はじめまして!!
情報をありがとうございます。
またゆっくり拝見させて頂きます。

Posted by mamoru at 2007年02月11日 17:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スペイン
Excerpt: スペインスペインは、ヨーロッパ南西部、イベリア半島の大部分を占める国家|国。首都はマドリード。ポルトガル、イギリス領ジブラルタル、フランス、アンドラと接している。本土以外に、大西洋のカナリア諸島や、北..
Weblog: 国-ACCESS
Tracked: 2005-10-17 19:32

スペインよりお越しの
Excerpt: スペイン土産でもらったトレドの水の守り神とかげ様。 1ユーロもらったので口にくわえさせてみた。 ふむ。 土産話聞いたらさらにボリビア行きたくなっちゃった。 こういうのっ..
Weblog: もぐらにっき
Tracked: 2007-02-21 13:23

サグラダ・ファミリア東側の生誕のファサード
Excerpt: サグラダ・ファミリアの東側にある生誕のファサードは、キリストが生まれてから初めて説教をするまでの様子を彫刻で表現している。サグラダ・ファミリアの生誕のファサードは3つの門によって構成される。左門が父ヨ..
Weblog: スペイン旅行へ、いざ行かん!!美と癒しとワクワクの探求
Tracked: 2009-09-17 21:40
head6-blog.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。